清拭のタオルくらい面会中の家族が取りに来てくれれば良いのに・・・。ナースコールはお手伝いさんを呼ぶベルではありませんが・・・。

清拭のタオルくらい面会中の家族が取りに来てくれれば良いのに・・・。ナースコールはお手伝いさんを呼ぶベルではありませんが・・・。

仕事が終わって家に帰っても、なんだか耳の奥でナースコールが鳴り響いている気がする...なんてことありますよね(;´Д`A

病棟で働いていると、ナースコールがひっきりなしに鳴っていて、その音が耳から離れず、家にいてもなんだかナースコールが鳴っている気がしてしまいます。

ナースコールで呼ばれても、本来ナースコールでナースを呼ぶべき内容は半分以下...(・_・;

ナースコールは、体調が悪い時にナースを呼んだり、寝たきりや安静臥床が必要な患者さんが、ナースを呼ぶためのものです。

しかし、実際はナースコールでナースを呼ばなくても...と思うような内容ばかりです。

テレビをつけてとか、窓を閉めてとか、カーテンを開けてとか...。

売店で○○買ってきてとか、まるでお手伝いさんのような扱いですよね(´・Д・)」

患者さんだけではありませんよ。

患者家族にもナースコールの意味を理解していないような方がいます。

清拭のタオルを持ってきてとか、食事が終わったから下膳してとか、ナースコールでいちいちナースを呼ぶことですかね?といった内容も結構あるんですよ。

家族が面会に来ているなら、少しは患者さんの身の回りのことなどやってくれたら助かるんですけどね(;´Д`A

しかし、どんな内容であろうと、ナースコールが鳴ればナースは駆けつけますし、頼まれたことはやらなくてはいけません。

患者さんは、お客様。
看護師はサービス業。

そう教育されていますから、患者さんや患者家族の気分を害するようなことは出来ません。

しかし、そんな内容のナースコールで、コール対応が遅いなんてクレームを言われた日にはムッとしてしまいますね( ̄ー ̄)

そういったナースコールが減るだけでも、ナースはもっと医療的な仕事に専念出来るんですがね...(;´Д`A

2014年6月20日|