在宅医療はスタッフ不足が深刻です。ドクターもナースも在宅医療に関心を持つ方自体が少ないと思いますね。

在宅医療はスタッフ不足が深刻です。ドクターもナースも在宅医療に関心を持つ方自体が少ないと思いますね。

最近では、在宅医療という言葉がよく聞かれます。

患者さんが、慣れ親しんだ自宅で医療を受けることができるのは素晴らしいことだと思います( ;´Д`)

しかし、患者さんの意とせずとも、在宅医療が勧められている現状もあります。

長期入院の受け入れが悪くなり、急性期を過ぎると早期に退院が促されます。

そして、在宅での医療が勧められているのです。

しかし、その在宅医療を受ける患者さんにとって、深刻な問題があるのも現状です。

長期入院患者さんを在宅へと推し進めわりに、それを受け入れる開業医師が少ないんです。

在宅医療において、ドクターは必要不可欠です(´・Д・)」

また、在宅医療に対する知識が、最近のドクターにはありません。

最近の医療は、病院内で行われ病院内で終えるケースばかりですからね。

だから、在宅医療に関心をもつドクターやナースが少ないんです。

病院に入院する患者さんは、在宅医療を...と推奨されるけど、実際は、在宅医療におけるスタッフ不足が深刻なんです(;´Д`A

きちんとした体制が整わないままに、在宅医療が推奨されては、患者さんも困りますよね。

いくら在宅医療を推奨されても、在宅医療ではどんなサービスが受けられるのか知られていません。

実際、医療スタッフがしっかり理解出来ていないわけですから、そういった情報が不足しているのは当然ですよね。

また、在宅医療は往診とは違います。

しかし、開業医がそれを理解していない現状もあります。

とくに若いドクターの知識や理解は、情報の不足によるものが大きいですよね。

在宅医療を理解していないドクターや医療スタッフが、患者さんが安心して受けられる在宅医療を作っていけるわけもありません...( ;´Д`)

今後、ますます高齢者も増える中、在宅医療を受ける患者さんも増えるでしょう。

早急に在宅医療に携わるスタッフの教育が必要ですね(´・Д・)」

2014年7月 2日|